一昔前ならば飛ぶラジコンと言う物は高根の花でした。ラジコ

ン自体の価格もさることながら操縦するスキルが必要な為に、

一部のラジコン愛好家が楽しむ物でした。

しかし近年、複数のプロペラを持つマルチコプターが脚光を浴

び技術の進歩と相まって非常に手軽な玩具として広まって来て

います。

特にほぼ完成された状態で売られている製品が出てきた事や、

基本的な飛行機能を備えながらも小さく室内で飛ばす事をター

ゲットにした製品など多様化してエントリー層の選択肢が一気

に広がっています。

もともとマルチコプターだと飛行状態の姿勢制御がやりやすく

初めて空を飛ぶラジコンに触れるのであれば入門用として非常

に手をつけやすい機種でした。

そのマルチコプターの進化する方向がどんどん小さく現在では

手のひらに載るくらいの大きさにもかかわらず飛行する為の基

本的な機能を備えているモデルやカメラを装備して撮影まで行

えるモデルも存在します。

確かに小さい機体の為に飛行時間が短くなるデメリットはあり

ますが、何より自宅の室内で飛行訓練が出来るのは熟練が必要

なラジコン愛好家にとってデメリットを上回るメリットとなっ

ています。

最新の機種ならば複数のジャイロセンサーを搭載して姿勢の制

御まで自動でこなしてくれる入門者にやさしい機種等もありま

すのでこの機会にマルチコプターデビューをしてはいかがでし

ょうか?

最近、映像のプロではない素人でも、DJI等のマルチコプターを使って空撮を始める人が多いのをご存知ですか?

誰でも気軽に空撮ができるようになったその理由の一つが「マルチコプター」です。

以前は空撮といえば、通常タイプのラジコンヘリが主流でしたが、メインのプロペラは上部の1つのみなので飛行が不安定で、上空でくるくる回転してしまったり、カメラごとヘリが落下してしまうリスクも現在より高かったのです。

その点、マルチコプターは複数のプロペラで安定して飛行することができるので、ラジコン初心者でも比較的安心して操縦することができます。

空中での静止はもちろん、前後左右のスライド移動や宙返り、急上昇や下降などの曲芸飛行を含め飛び方のバリエーションが豊富なので、以前のラジコンヘリよりぐっと空撮向きと言えるでしょう。

また、万が一墜落してしまった場合「マルチコプター本体だけでなく、撮影用にくくりつけたデジカメやスマホもろとも無くしてしまうのでは?」という点が心配な方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方には「空撮用カメラ搭載マルチコプター」なるものも6千円前後から購入することができるので安心です。

大自然をダイナミックに撮影するのも素敵ですし、少し趣向を変えて公園で遊ぶ子供たちを上から撮った大胆なアングルのホームビデオを残すのも楽しいでしょう。

アイデア次第で様々な撮影が可能なマルチコプター、ぜひ1台持っておきたいですね。

マルチコプターを室内で飛ばしていると場所的な制限も出て来ますし、家具等の障害物に気を付けていると思う存分楽しめない状況が出てくると思います。

上がりすぎて電灯にぶつけてしまうかも分らないですし、棚等の障害物にも当たる事が考えられ破損の危険性が高まります。

色々な事が考えられるのですが、気を使っていては楽しめないですし、本来の性能が制限されてしまいます。

そんな時は外に出て、思いっきり飛ばしていても良いと思います。

ヘリコプターのRCとは違い、それほど大きくは無いので、堤防等まで行かなくても、公園等の広さがあれば、誰でも気軽に楽しむ事が出来ると思います。

公園等の広い所で飛ばすのが一番ですが、注意しなければいけないことがあります。

外には障害物が殆んど無く、風も室内と違って吹いており風の影響をとても受け易いと言う事です。

少しでも風が吹けば簡単に流されてしまいますし、上昇する時にでも、風の影響で流されるように浮いたりして思うようにコントロールできなくなったりします。

ですので、風が強い日は無理をしないで、風が落ち着いてから飛ばすと言う決断も必要です。

無理に飛ばして墜落と言うことになれば、せっかく手に入れたマルチコプターが壊れますし、大切に長く遊ぶには、時と状況も大事だと思います。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261