素人でも簡単に始められる「マルチコプター空撮」とは?

| コメント(0) | トラックバック(0)

最近、映像のプロではない素人でも、DJI等のマルチコプターを使って空撮を始める人が多いのをご存知ですか?

誰でも気軽に空撮ができるようになったその理由の一つが「マルチコプター」です。

以前は空撮といえば、通常タイプのラジコンヘリが主流でしたが、メインのプロペラは上部の1つのみなので飛行が不安定で、上空でくるくる回転してしまったり、カメラごとヘリが落下してしまうリスクも現在より高かったのです。

その点、マルチコプターは複数のプロペラで安定して飛行することができるので、ラジコン初心者でも比較的安心して操縦することができます。

空中での静止はもちろん、前後左右のスライド移動や宙返り、急上昇や下降などの曲芸飛行を含め飛び方のバリエーションが豊富なので、以前のラジコンヘリよりぐっと空撮向きと言えるでしょう。

また、万が一墜落してしまった場合「マルチコプター本体だけでなく、撮影用にくくりつけたデジカメやスマホもろとも無くしてしまうのでは?」という点が心配な方もいらっしゃるかもしれません。

そんな方には「空撮用カメラ搭載マルチコプター」なるものも6千円前後から購入することができるので安心です。

大自然をダイナミックに撮影するのも素敵ですし、少し趣向を変えて公園で遊ぶ子供たちを上から撮った大胆なアングルのホームビデオを残すのも楽しいでしょう。

アイデア次第で様々な撮影が可能なマルチコプター、ぜひ1台持っておきたいですね。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://drrecella-mori.com/mt/mt-tb.cgi/485

コメントする

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.261

このブログ記事について

このページは、Vol.4が2015年4月 8日 10:14に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「マルチコプターを野外で飛ばすには」です。

次のブログ記事は「ラジコンの歴史的な革命。室内で楽しめるマルチコプターの進化がすごい!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。